ニキビ対策の方法・治し方・化粧品

あなたのニキビがなかなか治らない理由・・・


それは、間違いだらけのニキビケアをしているからです。


実は、一般的には常識とされているニキビケアの多くは間違っているのです。


だから、多くの人がニキビで毎日悩んでいるのです。


もうニキビに苦しむ日々を過ごすのは止めにしませんか?



ニキビの抗生物質による治療

 

ニキビができてしまい、治療のために薬を飲むことがありますが、その薬が抗生物質です。

 

一般的なにきび治療法というのは、まずオロナインH軟膏などの市販の塗り薬を塗るというところから始まると思いますが、それでもなかなか効果が出ないということが多いのです。

 

特に大人ニキビは頑固なので、塗り薬ではなかなか症状が改善されにくいようです。

 

そんな時には、皮膚科などで診察を受けましょう。

 

皮膚科では抗生物質を処方されるでしょう。

 

にきびで皮膚科なんてと思うかもしれませんが、ニキビは悪化すると、化膿したり跡に残ったりしてしまうので、なかなか治らないと思ったら、皮膚科で診てもらった方が安心ですよ。

 

にきびに使われる抗生物質は、テトラサイクリン系、セフェム系やマクロライド系などがあります。

 

ただ、抗生物質は効果が高く改善されやすいというメリットがありますが、その分副作用の心配があるというデメリットもあります。

 

めまいや下痢などの他、アクネ菌以外の細菌を殺してしまうという効果もあり、体にとって有効的な細菌を殺してしまうということもあるのです。

 

効果が高い抗生物質による治療ですが、副作用などのデメリットもあるということを知っておく必要がありそうです。

 

ですから、抗生物質での治療が自分に合っているのかと言うことを、しっかりと医師と相談することが大切です。

 


ダイエット専用クッキー